切らない包茎手術ってどんなもの?

ちょっと前までは包茎手術といえばメスを入れなければいけないという印象が強かったですが、現在は切らないという包茎手術もあります。
では具体的にメスを入れる必要がない包茎手術とはどんなものなのでしょうか。
一つは亀頭にかぶっている皮をむいてから陰茎の根本でまとめて、医療用のナイロン糸を使って縫合するというものがあります。
これはごく軽度の包茎の人に向いている方法です。
施術時間も30分程度なので忙しくて時間があまりとれないという方でも受けやすい方法といえるでしょう。
費用面でもメスを入れる手術よりは安いですし、傷跡が残ることもありませんから見た目的にも気にしなくてすみます。
ただしデメリットがまったくないかといえばそうではなく、年齢を重ねて包皮がたるんできた場合にはまた手術を行なう必要が出てくる可能性もあります。
長期的な目で見ているのであればメスを使う手術でも悪くはありませんが、軽度で手術後の見た目を気にする方にはとても良い方法です。
手術の際、専門クリニックではカウンセリングの時に、しっかりこのあたりの事を丁寧に説明してくれるので、手術前の不安を取り除いてくれると思います。

包茎のお悩みなら新宿形成外科
https://www.s-keisei.jp/houkei/index.html#01

包茎手術の種類についてご説明いたします

包茎手術には様々な種類があり、包茎手術後の陰茎の見え方もまた包茎手術の種類によって変わってきます。
現在でも日本において主に泌尿器科などで行われる包茎手術は環状切開法ですが、環状切開法による包茎手術は手術後に陰茎の色がツートーンカラー状態になってしまうというデメリットがあり、美容整形外科では環状切開法は行われなくなってきています。
環状切開法の様に手術後に陰茎がツートーンカラー状態にならない包茎手術が亀頭直下埋没法の包茎手術で、この包茎手術は亀頭の真下部分をメスで切って包皮を切除する手術になる為、手術後に陰茎の色がツートーンカラー状態になる事を防ぐ事が出来るのと、手術後の縫合部分を亀頭の真下に持ってくる事で手術後に縫合部分がほとんど目立たなくなるというメリットがあります。
しかし亀頭直下埋没法では亀頭の真下で包皮を切除する事から、人によっては亀頭の真下の外板や内板と呼ばれる性感帯の感覚が損なわれてしまうケースがあると言われています。
この2つの包茎手術の良い部分を併せ持つ包茎手術が、根本切開法と呼ばれる包茎手術です。
根元切開法による包茎手術は陰茎の根本部分の皮をメスで切って余分な包皮分の長さの陰茎の根本の皮を切除して縫い合わせる事により包茎を治す包茎手術になります。
根元切開法による包茎手術は環状切開法による包茎手術の手術後の様な陰茎がツートーンカラーになる事を防ぐ事が出来、なおかつ亀頭直下埋没法による亀頭の真下の性感帯の減少などのおそれも無い手術法となっています。

包茎治療ならクリスタルメンズクリニックへ
https://www.mencli.com/hokei/about.html