メスを使わないアンチエイジングをしてみようかと迷ってます。

50歳を過ぎて、顔の老化が気になります。
お顔や首のタルミを改善するには、「切開して縫い寄せる方法」と「糸で皮膚を引き上げる方法」があるんだそうです。
「切開して縫い寄せる方法」は、しっかと皮膚が引き上げられるので、大幅なタルミとりができるみたいです。
でも、大がかりな手術が必要で、普通の生活に戻れるまでの時間が長くかかってしまうというデメリットもあるみたいで。。
もうひとつの「糸で皮膚を引き上げる方法」は、余分な皮膚を切り取る必要が無い為、リスクも少なくて、ダウンタイムも短いそうです。
しかしながら、大きな改善はしづらいというデメリットがあるそうで。
結局、どちらにするかという事は、自分自身で決めるしかないのですが、やっぱりリスクの少ない方をとるしかないのでしょうか。
皆さんならどうされますか?

包茎手術の種類についてご説明いたします

包茎手術には様々な種類があり、包茎手術後の陰茎の見え方もまた包茎手術の種類によって変わってきます。
現在でも日本において主に泌尿器科などで行われる包茎手術は環状切開法ですが、環状切開法による包茎手術は手術後に陰茎の色がツートーンカラー状態になってしまうというデメリットがあり、美容整形外科では環状切開法は行われなくなってきています。
環状切開法の様に手術後に陰茎がツートーンカラー状態にならない包茎手術が亀頭直下埋没法の包茎手術で、この包茎手術は亀頭の真下部分をメスで切って包皮を切除する手術になる為、手術後に陰茎の色がツートーンカラー状態になる事を防ぐ事が出来るのと、手術後の縫合部分を亀頭の真下に持ってくる事で手術後に縫合部分がほとんど目立たなくなるというメリットがあります。
しかし亀頭直下埋没法では亀頭の真下で包皮を切除する事から、人によっては亀頭の真下の外板や内板と呼ばれる性感帯の感覚が損なわれてしまうケースがあると言われています。
この2つの包茎手術の良い部分を併せ持つ包茎手術が、根本切開法と呼ばれる包茎手術です。
根元切開法による包茎手術は陰茎の根本部分の皮をメスで切って余分な包皮分の長さの陰茎の根本の皮を切除して縫い合わせる事により包茎を治す包茎手術になります。
根元切開法による包茎手術は環状切開法による包茎手術の手術後の様な陰茎がツートーンカラーになる事を防ぐ事が出来、なおかつ亀頭直下埋没法による亀頭の真下の性感帯の減少などのおそれも無い手術法となっています。

包茎治療ならクリスタルメンズクリニックへ
https://www.mencli.com/hokei/about.html