メスを使わないアンチエイジングをしてみようかと迷ってます。

50歳を過ぎて、顔の老化が気になります。
お顔や首のタルミを改善するには、「切開して縫い寄せる方法」と「糸で皮膚を引き上げる方法」があるんだそうです。
「切開して縫い寄せる方法」は、しっかと皮膚が引き上げられるので、大幅なタルミとりができるみたいです。
でも、大がかりな手術が必要で、普通の生活に戻れるまでの時間が長くかかってしまうというデメリットもあるみたいで。。
もうひとつの「糸で皮膚を引き上げる方法」は、余分な皮膚を切り取る必要が無い為、リスクも少なくて、ダウンタイムも短いそうです。
しかしながら、大きな改善はしづらいというデメリットがあるそうで。
結局、どちらにするかという事は、自分自身で決めるしかないのですが、やっぱりリスクの少ない方をとるしかないのでしょうか。
皆さんならどうされますか?

メンズ医療脱毛は、髭の濃い男性にとってベストな選択です。

医療レーザー脱毛と言えば女性のためだけのもの、と思われていたのはずっと昔の話です。
昨今、男性の間でも医療脱毛の治療を受ける方が増加しています。
特に一番の人気が、「ヒゲ脱毛」。
毎朝、どんなに忙しい時でも、身だしなみのためには、ヒゲ剃りは必要です。
「毎朝の面倒なヒゲ剃りから解放されたい」という、男性からの声はとても多いのです。
さらに髭が濃い方、または肌が弱い方を悩ませるのが「カミソリ負け」と「肌荒れ」などの肌トラブルです。
肌を保護している角質層を削り取ってしまう事が、肌トラブルの原因になってしまうのです。
カミソリでダメージを受けた肌が擦れる痛みはもちろん、色素沈着にもなるため、見た目の点でもマイナスに作用することは言うまでもありません。
そういう点においても、医療機関で行われるメンズ医療脱毛は、男性にとってもベストな選択だと言えます。

男性のひげ脱毛なら大阪のスキンクリニック亜門メンズ
https://www.clinic-amon.jp/mens/lp/