ハードコンタクトレンズにしたわけ

わたしは中学2年生のころに視力を悪くして、それからずっとメガネっ子でした。
しかし、大学生ともなるとコンタクトレンズをしている人が増えて、
わたしも見た目が美しく見えるコンタクトレンズを使うことにしました。

大学生協の紹介で行ったコンタクトレンズ屋さんは、眼科もついていました。
眼科で視力をはかってもらった後、コンタクトレンズを作りました。
わたしは当時お手入れが比較的楽だと言われているハードコンタクトレンズにしようと思っていたのですが、
初めて目に入れた時の異物感に耐えられず、「やっぱりソフトにします。」と看護師さんに言いました。

ソフトコンタクトを目に入れて見ると、全然異物感がなく、
やっぱりこれにしよう!と思ったのですが、その後、
看護師さんが長々とソフトコンタクトのお手入れの仕方を説明しているのを聞いて、
ものぐさのわたしがこれだけのお手入れをするのは絶対むり!と思い、
「やっぱりハードにします。」と看護師さんに言ってしまいました。
看護師さんもちょっとムッとしていたように思います。

もうこれ以上は看護師さんに迷惑をかけるわけにはいきません。
ハードコンタクトレンズに決めました。
やはり最初は異物感があったのですが、
毎日少しずつ装着の時間を長くしていくことによって1週間ぐらいで異物感がなくなりました。

最近はソフトコンタクトレンズもワンデーのものやウィークリーのものがあったりして、
お手入れもとてもラクになりました。今ならハードでもソフトでもどちらでもよさそうです。