姫路のウエディングは1.5次会スタイルが人気

今、世間を賑わせている「1.5次会」というウエディングスタイルをご存じだろうか。
わが地元であるここ姫路にも、この1.5次会という文字を街中で見るようになった。
この1.5次会というのは、文字通り挙式と2次会の中間を指す言葉であり、詳しく言うと簡単な挙式ではあるが
2次会よりかは少し規模の大きな挙式のことを意味する。

「みんなのウェディング白書2013」の情報によると、
【最終支払金額「100~200万円未満」が増加】【少人数婚層の増加】【平均下見件数の減少】
となってきており、結婚式にお金を使う夫婦が少なくなった。
またこの不況の影響もあり、結婚式自体をしないという夫婦も増えているという。
そこでまず登場したのが、フォトウエディングである。
挙式をするお金がない、けどドレスが着たいというような新婦に写真館が考えたプランである。
ウエディングドレスの数は、衣装店顔負けの品揃えを写真館が取り揃えているという。
結婚式は花嫁が主役になる為、ウエディングドレス選びは本当に重要になる。