矯正歯科で治療できる年齢は?

歯並びが悪いと、初対面の人に与える印象も違ってきますよね。美しい歯並びを手に入れたいのなら、矯正歯科で治療を受けるしかありません。歯の矯正は大人になってからでもできますので、興味のある人は矯正歯科に相談してみるといいでしょう。審美歯科 大阪審美歯科センターのように、平日も遅くまで診療をしているクリニックもあるので、仕事帰りに徐々に矯正していくことも可能です。
でも、じつは歯の矯正は年齢の若いうち、つまり子どものうちから始めておいたほうがいいとされています。大人になってからでは抜歯が必要になったり、せっかく矯正しても後戻りする可能性も高くなりますので、費用が高額になったり、治療期間が長くなったりしてしまうのです。
矯正歯科に通うのは、小学校の低学年からでもOKです。永久歯が生えそろう前にあごの調節ができ、きれいな歯並びを作る準備をすることができます。子どもの矯正は二段階に分かれて行いますが、初期治療できれいな歯並びを実現できれば、永久歯が生えそろった後の二次治療を行わなくても大丈夫です。子どもの将来を考えているのなら、早いうちから矯正歯科のお世話になっておいたほうがいいかもしれませんね。

This entry was posted in 歯科. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.