ほんとの目薬はやっぱり眼科で

目の疲れやすい現代社会人にとってまさに命の水ともいえるのが「目薬」の存在。
この目薬、いまはドラッグストア等でびっくりするほどたくさんの種類のものが売られていますよね。
コンタクトレンズをしている時の目の渇き用のものや、目の充血を抑えるためのもの…等。
その中に、”目ばちこ”用の目薬もありますが、
個人的には、そういった目の病気用の”ほんとの”目薬は、
ドラッグストアでなく、眼科に行って処方してもらわなきゃなぁ…と思っています。

というのも、眼科の目薬のほうが早く治る気がするからです。
私は年に数回、なぜだか目ばちこが出来てしまうのですが、その時大切なのは、
とにかく症状が悪化してしまう前に、眼科へ行くこと!
一度、長期旅行中でどうしようもない時にだけ、市販の目薬のみで乗りきったことがありますが、
やはり、治るまでに多くの時間を要したように思いました。
きちんと日数を測っていたわけではありませんが…。

眼科で処方される目薬って、市販されているものとやっぱり違います。
見た目もそうですが、刺激がないものがほとんどで、目に優しいなぁ、と思います。
やっぱり目のことは眼科。本当に大変な時は、少々面倒くさくても、
眼科を受診しに行くことが、治療への一番の近道だと思います。
受診しるなら神戸三宮駅前の明生アイクリニックがおすすめです。