リスクや危険が全く無い発毛・育毛の技術

自毛植毛などの外科手術はメリットも多い施術ですが、少なからず副作用が起こることもあるので、その点を注意しておきましょう。
例えば、これは稀ですが、施術後に吐き気を催してしまうことがあります。
これが何が原因かというと、手術に使用する薬剤の影響です。
実際の影響の仕方は人間の体質によって異なりますが、悪く作用してしまった人の場合は、吐き気が出ることもあるので注意が必要です。
また、髪の毛の採取や移植を行った部分について、施術後に痒みが起こったり、赤く腫れたりすることもあります。
これも程度は人によって異なりますが、自然に反する施術を行う以上、こうした副作用が起こる可能性がある事も注意しておきましょう。
これの外科的な治療に比べ、毛髪再生医療は副作用やリスクがほとんど無いと言えます。
PRP療法(自己多血小板血漿療法)は、自分の血液から成長因子を抽出し、頭皮に直接注入する治療法です。自分の血液を使うので拒絶反応や副作用が現われるリスクがかなり小さいというメリットがあります。PRPは頭皮に対する土壌改良のような役割を果たし、生えづらくなった頭皮の環境を整えてくれます。
毛髪再生治療は、発毛や育毛の促進を促す成長因子(薬剤)を頭皮に直接注入する方法です。
通院は3~6カ月程度で、副作用や頭皮のかゆみ・かぶれといった症状が現われにくい点も特徴です。毛髪再生医療をおこなっているクリニックを選ぶ際の指標のひとつとして、ちゃんと厚生労働省に届け出を出しているかどうか、など。
注入する部位ごとに認可を得なければならないので、「頭皮用のPRPの届け出を出して受理されている」クリニックを選択することが大事だと言えます。

発毛・育毛・薄毛のAGA治療に関するお悩みなら毛髪再生治療NAVI
https://mouhatsu-saisei.jp/